七つの大罪

七つの大罪

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。

絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られた『リオネス王国』。
王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。

それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち-<七つの大罪>。

たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。それは、彼女と<七つの大罪たち>、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった-!

七つの大罪に関する記事の一覧ページです。