TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」のOPテーマを歌うYURiKAとEDテーマを歌う大原ゆい子のインタビューを公開

エリック
TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」のOPテーマを歌うYURiKAとEDテーマを歌う大原ゆい子のインタビューを公開

2017年1月8日より放送中のTVアニメ「リトルウィッチアカデミア」からオープニングテーマ「Shiny Ray」とエンディングテーマ「星を辿れば」が本日2月22日(水)に発売となりました。

オープニングテーマを歌うのは、第一回TOHO animation RECORDS 次世代アーティストオーディションに選ばれたシンガー・YURiKA。中学の卒業文集に「アニソンシンガーになる!」と書いた彼女が、叶えた夢の第一歩を踏み出します。

エンディングテーマの作詞、作曲、歌を担当するのは、『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』のエンディングテーマ「Magic Parade」でメジャーデビューを果たしたシンガーソングライター・大原ゆい子。ストリングスの効いたアレンジと大原の歌声が心に響きます。

そんな彼女たちの楽曲に関するインタビューを公開。
是非、二人の各楽曲に関する想いを読みながらお聴きください!

リトルウィッチアカデミアとは:
本作は、『アニメミライ2013』の参加作品として公開された『リトルウィッチアカデミア』、2015年に劇場公開された続編『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』に続く新作のTVアニメシリーズ。
主人公アッコが物語の舞台である魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」へやってくるところから、TVアニメシリーズとして新たに物語を紡いでいく。

YURiKA:アーティストインタビュー

——音楽そのものに初めて触れたのはいつになるのでしょうか?

4歳からピアノを習っていました。でも練習はあんまり好きじゃなくて、歌うことばかり考えていました。

——当時はどんな歌を聞いていたんですか?

最初は松浦亜弥さんとかモーニング娘。さんのマネをずっとしていて、幼稚園の卒園文集ですでに「歌手になります」って書いてました(笑)。

——歌い方は誰か、アーティストを意識したりしていましたか? それともフラットに歌っていたのでしょうか?

小学校の時に浜崎あゆみさんがすごく好きで、マネをしてビブラートをガンガンにかける歌い方をしてました。それでしばらく浜崎さんを歌い続けていたんですけど、小学6年生でアニソンシンガーになろうと決めてからは歌う歌もアニソンに変わっていきました。

——オーディションに初めて応募したのはいつですか?

『アニソングランプリ』という番組に高校3年生の時に応募しました。実は高校生になってから「本当にアニソンシンガーになれるのかな……」って不安になっていた時期があったんです。その時に所属していた合唱部の後輩から『アニソングランプリ』の参加応募を薦められて。結果は優勝はできなかったんですけど、いいところまでは行けたんです。それがきっかけになって「ちゃんと目指そう!」と具体的に思いはじめました。

——目指すものを掴めそうだと実感したのはいつ頃だったのでしょうか。

2014年です。日本テレビの『歌唱王』で6位になって、NHK『アニソンのど自慢G』で優勝したんです。でも2015年はあんまりいい結果が出なくて、短大の勉強とライブ活動をして過ごしていました。

——そして2016年、第一回TOHO animation RECORDS 次世代アーティストオーディションに合格。TVアニメ『リトルウィッチアカデミア』のオープニングテーマを歌うことが決まりました。

オーディションに受かった当日、『リトルウィッチアカデミア』の前2作のDVDをいただいたんです。帰ってすぐに見ました。私『おジャ魔女どれみ』がすごく好きだったんですけど、その時のワクワクドキドキした気持ちが蘇ってきて、「このアニメの歌でデビューできるんだ……!」ってすごくうれしくなりました。

——デビュー曲となる『Shiny Ray』を聞いた最初の印象はいかがでしたか?

今まではカバーばかり歌ってきたので「自分の曲」ということに今までにない責任感を抱きました。曲の印象としては空を飛んでるイメージが湧いてきて。みんながホウキで飛んでいて、魔女になるために日々奮闘している、という姿にぴったりの勢いのある歌で、「一緒にホウキに乗って飛んで行きたい!」と思いました。

——歌詞はどのようにイメージを膨らませて歌っていったのでしょうか。

諦めないで前を向いて進んでいく、というものを全体から感じたので、これからデビューする今の自分にも向いた歌詞だなと思いながら歌っていきました。

——レコーディングはいかがでしたか?

今までライブばっかりで生まれて初めてのレコーディングだったので、「優しく歌ってみて」とか「こう歌ってみて」というオーダーに対する引き出しのなさを実感しました。引き出しはもっと増やして行かないとなって気づくことができました。

——「ここはぜひ聞いてもらいたい!」という部分はありますか?

サビ以外AメロBメロは1番2番で全部違うメロディーなので、1曲を通して物語のように全体の流れを聞いてほしいです。それからサビではキャラクターたちが空を飛んでいるような姿が目に浮かぶようですので、ぜひ聞いてほしいです。

——中学生の時に書いた卒業文集、その夢がひとつ叶いました。これから、どんなアーティストになっていきたいですか?

今はまだ作品をきっかけに私の歌を聞いてもらう状況ですけど、いつかは「YURiKAが歌うなら、あのアニメ見たいな」って、担当した作品を引っ張っていけるようなアーティストになりたいです。その先の夢は、私がそうだったように、たったワンフレーズ聞いただけで、その人の人生が変わっちゃうようなアニソンを歌えるようになることです!

【YURiKAプロフィール】

YURiKA
YURiKA

10月29日、埼玉県蓮田市生まれ。
4歳でピアノをはじめるも幼少期から興味の中心は歌。松浦亜弥やモーニング娘。、浜崎あゆみなどを、田んぼの真ん中で日々歌唱していた。小学6年の時、アニソンのメッセージ性の豊かなワンフレーズに衝撃を受け、アニソンシンガーになることを固く決意、親や友人にも公言する。中学高校時代は合唱部と田んぼで歌唱力を磨き、高校三年で『アニソングランプリ』に初挑戦、初出場を果たす。短大に進学後は学業と並行してライブ活動を行う。

2014年、日本テレビ『歌唱王』に出演し全国6位、NHK『第1回アニソンのど自慢G』では優勝を果たす。
2016年7月、『NHKのど自慢』優勝。
2016年、第一回TOHO animation RECORDS 次世代アーティストオーディションに合格。東宝芸能に所属。
2017年1月より放送スタートのTVアニメ『リトルウィッチアカデミア』のオープニングテーマ『Shiny Ray』を担当し、2017年2月には同CDでメジャーデビューも決定。
迷うことなきひたむきな眼差しとどこまでも響く歌声を持つ、アニメソング界の新星シンガー。

「Shiny Ray」/YURiKA(TVアニメ「リトルウィッチアカデミア」オープニングテーマ)

①【アニメ盤】THCS-60131/¥1,600 (+税)/2枚組(CD+DVD)/アニメ描き下ろしジャケット
②【アーティスト盤】THCS-60132/¥1,600 (+税)/2枚組(CD+DVD)/アーティスト撮り下ろしジャケット
③【通常盤】THCS-60133/¥1,200(+税)/1枚組/アーティスト撮り下ろしジャケット

封入特典
①DVD(ノンクレジットオープニング)/オープニングムービー絵コンテブックレット
②DVD[「Shiny Ray」ミュージックビデオ]/フォトブック
収録曲
1.「Shiny Ray」
作詞・作曲:uz 編曲:吉田 穣
2.「AKATSUKI DEPARTURE」
作詞:上園彩結音 作曲・編曲:齋藤真也
3.「My Destination」
作詞:日山 尚 作曲・編曲:吉田 穣
4.「Shiny Ray」(Instrumental)
5.「AKATSUKI DEPARTURE」(Instrumental)
6.「My Destination」(Instrumental)

【YURiKA:公式サイト】http://yu-ri-ka.com/
【YURiKA:公式twitter】@_YURiKA29_(https://twitter.com/_YURiKA29_

次のページでは大原ゆい子さんのインタビューが公開

記事内の画像一覧

  • 通常盤
  • アニメ盤
  • アーティスト盤
  • アニメ盤
  • アーティスト盤
  • 通常盤
  • 大原ゆい子
  • YURiKA